ボトックス注射で小顔になれる? ボトックスの効果と注射の利点

サイトメニュー

毒が美容の鍵?!

エステティシャン

ボツリヌス菌とは?

ボトックス注射に使用されている「ボツリヌス菌」。このボツリヌス菌、実は毒性のある物質なのです。ボツリヌス菌はそのままだと非常に毒性のある状態なのですが、特殊な抽出方法により毒性を抑えたものがボトックス注射となるのです。ボトックスの注目すべき効果、それは「シワ」「エラ張り」の抑制にあります。眉間や目尻の小じわ、ほうれい線、加えてエラ張りは女性にとってコンプレックスの元です。しかし、これらはボトックス注射を数本注射するだけで解決できるのです。顔の気になる場所に注射を打つだけで、ボトックスが患部に浸透。徐々に筋肉の収縮を抑制し、シワやエラを改善してくれるのです。ボトックスはメスのいらない美容整形とも呼ばれるほど効果は絶大です。しかし、その効果は永久ではありません。注射の効果はおよそ半年前後。個人差はあるものの3ヶ月に1度のペースでボトックス注射を行うことが効果を維持するのに望ましいと考えられます。気になるお値段は処方するクリニックによりますが、1本あたり1万円~5万円ほどです。一見すると高価に思えますが、美容整形の分野では非常にリーズナブルであり尚且目立たない、自然な整形だと気に入る方も多い人気の施術です。いつまで美しい姿をキープしたいものの、あからさまに「整形しました」というような状態は避けたい、そう考える方にオススメの手術と言えそうです。その効果は、ハリウッド女優や有名シンガーもリピートするほどです。40代、50代を過ぎた彼女たちが20代の頃の姿を維持できるには理由があります。適度な運動と食事制限、加えてボトックス注射のような美容整形です。ショービジネス界では美容整形は「メンテナンス」の一種であり、常に最高の状態に保つために必要なツールなのです。